:)楽器紹介





オーケストラの楽器を
このページで是非知って下さい☆


【Violin】画像
バイオリンは弦楽器の中で、
一番高い音を出せる楽器です。
そしてサイズも一番小さく、
オーケストラではメロディーを
弾くことが多い花形的存在です。
1stと2ndに分かれていて、
2ndは伴奏を弾くこともできます。
高い音も低い音もとにかく魅力的!
HOCのバイオラーは皆さん個性的!笑


【Viola】画像
ビオラは、バイオリンより
一回り大きくて音も少し低い楽器。
ト音記号ではなくハ音記号が使われます。
そして、その音色には
とても暖かみがあります。
伴奏を弾くことが多く、
ビオラ奏者はそこに燃えます。笑


【Cello】画像
チェロはオケにおいて
重要な楽器の一つであり、
音域が広く弦楽器の中で2番目に大きく、
低音部を受け持ちます。
また、独奏楽器としても重要であり、
多くのチェロ協奏曲やチェロソナタが書かれています。


【Contrabass】画像
コンバスはオケの中で一番大きくて、
一番低い音が出ます。
何と言ってもあの重くて
ずしんと響きのある低音が
曲を支えていて、
そこがコントラバスの魅力です!
ジャズでも用いられ、活躍します。


【Oboe】画像
オーボエはとにかく
自由気ままな木管楽器。
華奢な作りで、哀愁溢れる音色をまとう楽器。
そんなオーボエの虜になる人も多いはず!
イングリッシュ・ホルンとの
持ち替えもあります。


【Clarinet】画像
クラリネットは低い音から高い音まで
たくさんの音が出せます。
オケの中ではメロディーや伴奏、そしてソロがあったりと、
とてもおいしい楽器です。


【Flute】画像
フルートはオーケストラの中で
メロディを担当することが多いです。
結構ソロもあります。
曲によってはピッコロも登場します。


【Fagotto】画像
オーケストラの木管の低音楽器と言ったら
ずばりファゴット!
3オクターブ半ほどの音域の幅があり、
メロディから伴奏まで幅広く担当しています。


【Trumpet】画像
トランペットは金管の中で
一番高い音が出せる楽器で、
オーケストラには欠かせない花形的存在です。
メロディもソロも盛りだくさんで、
とても目立ちます!


【Trombone】画像
トロンボーンは、優しい音色や強い音色
たくさんの音色が出せる楽器です。
オケでは伴奏ももちろん
メロディーも担当し、
重要な場面で登場する、
そんなおいしい楽器です!


【Horn】画像
ホルンの音色は、優しく柔らかい
落ち着いた響きを持っています。
オーケストラではメロディを吹くことも多いです。
あのグルグルうずまき状の管を
伸ばしてみると
3m以上もあるのです!すごーいっ!


【Percussion】画像
パーカッションパートは
打楽器を扱うパートです。
オーケストラでは主に
ティンパニ・バスドラム・スネアドラム
シンバルなどが使われます。
一つの曲を演奏するにあたって、とても重要なパートを担うパートなので
演奏中は緊張しっぱなしですが、
いろいろな楽器を演奏するのはとても楽しいです。




.

HOME
                 
ツナ ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成